超回復 食事

超回復には食事も大事!※オススメのメニューは?

筋トレをして筋肉がつくのは「超回復」という効果があるからです。

 

超回復とは筋トレをして破壊された筋肉の細胞が修復する際にさらに強固な筋肉を作る働きのことをいいます。

 

これを知らずに毎日鍛えても、筋肉は破壊され続けるばかりで一向に修復されず、筋肉がつかないどころかケガをする恐れがあるなんて恐ろしいですよね。

 

そんな重要な超回復ですが、鍛えて休養するだけでなく同時に食事にも気をつけて必要な栄養素をとってあげるとさらに効果が高まることをご存じですか?

 

今回はそんな超回復と食事の関係性について調査しました。

 

超回復に必要な食事内容は?

 

調べてみるとやはり超回復と食事には大切な関係があることがわかりました。

 

超回復をするには栄養の補給が重要なのです!

 

最も必要な栄養素は「タンパク質」。

 

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、タンパク質が筋肉をつくる主な成分だからです。

 

ではどのような食事をとればタンパク質を摂取することができるのでしょうか?

 

タンパク質を多く含む食べ物は、鶏ささみや赤みなどの肉類や納豆や豆腐などの大豆製品なので筋トレをした日にはこういった食べ物を食事に取り入れるといいでしょう。

 

ですが、超回復のためにはタンパク質だけを取ればいいわけではありません。

 

次に大切なのが炭水化物などの「糖質」。

 

タンパク質ばかり摂取して糖質を取らないでいると、せっかく摂取したタンパク質が筋肉のためでなく体を動かすためのエネルギーとして使われてしまいます。

 

また「ビタミン」の摂取も疲労回復には重要!

 

肉類に炭水化物、野菜やフルーツをバランスよく食事に取り入れることが超回復には必要だということですね。

 

超回復のための食事のタイミング

 

超回復に食事が重要なことはわかりましたが、ではいつどんなタイミングで摂取するのがいいのでしょうか?

 

超回復のための食事「筋トレ前」

 

まずは筋トレを行う前に「タンパク質」と「糖質」を摂取しておくことが大切。

 

ですが食事をしてすぐに動くのはつらいので、筋トレを行う1.2時間前に事前に食事を済ませておくといいでしょう。

 

また空腹時には「コルチゾール」という成分が分泌されます。

 

これはストレスがある際に分泌される成分なのですが、空腹というストレスでも分泌されてしまう上に、筋肉を分解する作用を持っています。

 

空腹というストレスの上にさらに筋トレのストレスを合わせてしまうと、どんどんコルチゾールが分泌され筋肉が分解されてしまいますので、空腹時の筋トレは避けた方がいいでしょう。

 

 

超回復のための食事「筋トレ後」

 

次に筋トレ後の食事についてです。

 

これも超回復のためにはとても重要で、破壊された筋肉にすみやかに栄養を届けてあげることによって、筋肉の修復を手伝うことができより筋肉の増加を期待することができます。

 

そして効率的に超回復の手助けができるよう、筋トレ後30分以内に摂取することがベストであると言われています。

 

ですが激しい筋トレをしたあと30分以内に満足な食事をすることは難しいでしょう。

 

そういったときには、まず栄養の補給が大切なので、サプリメントやプロテインなどで栄養を補給し、その後バランスのいい食事をしっかりとってあげるといいでしょう。

 

無理なく栄養を補給し、しっかりと食事もとることが超回復のためにはいいと言えそうですね。

 

超回復のための食事まとめ

 

調べてみると超回復に必要な食事はきちんとあり、摂取するタイミングも重要だということがわかりましたね。

 

みなさんもタンパク質、糖質、ビタミンをしっかりとり効率的に超回復をして引き締まった身体に鍛えちゃいましょう!

 

またさらに筋トレ効果を上げたい方には「メタルマッスルHMB」もおすすめです。

 

是非一度チェックしてみてくださいね!

 

 

>>筋トレについてもっと知識を深めたい方はこちら