超回復 筋肉痛

超回復は筋肉痛にならないと駄目?

筋トレに興味のある方は聞いたことあるであろう「超回復」。

 

これから鍛えようと考えている方は、この超回復についてしっかり理解しておくことによって筋トレ効果はまったく違ってきます。

 

また久しぶりに体を動かすと翌日にやってくるのが筋肉痛。

 

筋肉痛がつらいときにはあえて体を動かした方がいいなんて噂も聞いたことがありますよね。

 

では実際のところはどうなのでしょうか?

 

そこで今回は鍛えるにあたって重要な超回復と、鍛えた後に必ずやってくる筋肉痛について、その関係性はあるのかどうか調査してみました!

 

超回復と筋肉痛の関係

 

筋トレをして筋肉に負荷をかけることによって、筋肉細胞が破壊されます。

 

筋肉が破壊されるなんてなんだか怖い表現ですが、これは日常生活のちょっとした行動でも起こります。

 

そして破壊された筋肉を復活させようとするときに、元々の筋肉よりさらに強い筋肉を作ろうとする働きを超回復と言います。

 

つまり「破壊⇒修復⇒強化」これが超回復ということですね。

 

また筋肉痛とは筋トレをしたあと、傷つき破壊された筋肉細胞が炎症を起こしている状態を言います。

 

筋肉が炎症を起こすと痛み成分が放出され、このときに感じる痛みが筋肉痛ですね。

 

そして数日かけて筋肉が修復されると筋肉痛の痛みは自然と治っていくのです。

 

つまり、筋肉痛とは超回復が起こっているサイン!

 

筋肉痛がなくても超回復は行われますが、ひとつの目安として筋肉痛が起こっている間は超回復しているんだと捉えて頂いてよさようです。

 

筋肉痛のときの筋トレって?

 

筋肉痛が起こっている間は超回復が行われているということはわかりましたが、ではその間の筋トレはどうしたらいいのでしょうか?

 

先ほども述べたように超回復とは破壊された筋肉が修復されている期間なので、その期間に筋トレをしてしまうと、うまく修復できずにまた破壊されてしまいます。

 

そうするとせっかく筋肉痛に耐えて毎日鍛えても一向に筋肉は強化されることなくただ辛いだけ・・・。

 

そんな悲しいことはないですよね。

 

ですので、筋肉痛が起こっている間は超回復されている期間なので、筋トレはせずに完全に治るまで休ませてあげることが大切です!

 

また、筋肉痛にならないと超回復が起こらないという噂もありますが、そんなことはありませんのでご安心ください。

 

超回復と筋肉痛まとめ

 

調べてみると筋肉痛とはわかりやすく超回復が行われている期間であるということがわかりました!

 

ということは、昔聞いたことのある筋肉痛がつらいときにはあえて体を動かした方がいいという噂は嘘だったんですね。

 

これを信じて毎日筋肉痛に耐えて筋トレをしても、休みながらやっている人の方が筋力アップするなんて超回復恐るべしですね。

 

また休んでしまうと怠けてしまって筋トレが続かない!という方は、毎日違う箇所を鍛えるのがおすすめです。

 

例えば今日は上半身、明日は下半身、次の日は休息など日によって分けてあげると効率的に筋力アップが見込めそうですね!

 

みなさんも筋肉痛と超回復の効果をしっかり理解して、賢く鍛えちゃいましょう!

 

またさらに筋力アップを目指したい方は「メタルマッスルHMB」を併用することもオススメですよ!

 

>>メタルマッスルHMBの詳しい内容はこちらでチェック!