超回復 期間

超回復を実感するための最適な期間とは?

夏に向けていざ筋トレをしようと思っているみなさんに、ぜひ知っておいて頂きたいのが筋トレ後の超回復にかかる期間です。

 

筋トレをして筋肉に負荷をかけると筋肉細胞が破壊されます。

 

そして、その破壊された筋肉が再生するときにさらに強い筋肉に再生しようとする力が働きますがこれを超回復と言います。

 

なので毎日継続して同じ筋トレを続けるよりかは、休息をとってあげた方が筋肥大には効率的ということですね。

 

ではその休息とはどれくらいの期間がベストなのでしょうか?

 

今回は筋肥大に必要な超回復にかかる期間について調査してみました。

 

筋トレに興味のある方は是非目を通しておいてください。

 

超回復の期間と筋肉痛の関係

 

激しい筋トレをすると筋肉痛になりますよね。

 

筋肉痛は筋肉細胞が破壊されたときに起こる炎症が原因で起こりますが、一定期間が過ぎると自然と修復されて炎症が治まります。

 

つまり筋肉痛が起こっている期間は超回復が行われている期間ということになりますね。

 

また筋肉痛が起きなくても筋肉にある程度の負荷をかけた場合には、超回復は行われますので無理して筋肉痛が起きるまでトレーニングを続ける必要はありません。

 

では、筋肉痛が起こっている時に筋トレをするのはどうなのでしょう?

 

よく筋肉痛のときは身体を動かせば治るなんて聞いたこともありますよね。

 

ですが上記にも述べたように筋肉痛が起こっている期間は超回復が起こっている期間なので、筋トレはせず休ませてあげた方がいいのです。

 

せっかく破壊された筋肉細胞が再生しようとしているときに、さらに筋肉に負荷をかけてしまうと超回復で再生する期間がないまま破壊されづつけてしまいます。

 

 

そうすると筋肥大する時間がないため効率的な効果は得られなくなってしまうのです。

 

超回復の期間

 

では一体超回復の期間はどれくらいなのでしょうか?

 

筋トレをしてからどれくらいで超回復がおこるのでしょうか?

 

一般的には24時間〜72時間と言われていますがここまで差があるのには、筋トレの負荷の具合や部位による違い、個人差などがあるからです。

 

部位別では腕やふくらはぎなどの細かい筋肉は比較的早く、太ももや背中などの広い範囲は時間がかかりやすいと言われています。

 

ですがやはりどれくらいの負荷をかけたのか、また元々の筋肉量などにより個人差はありますので、筋肉痛が残っているうちは筋トレはしないほうがいいでしょう。

 

 

超回復の期間まとめ

 

調べてみると超回復の期間には24時間〜72時間とかなりの差が生じることがわかりましたね。

 

また筋肉痛が起こっている期間は超回復が行われている期間ということもわかりましたので、筋肉痛が治るまでは筋トレは再開しない方がいいということもわかりました。

 

効率的に筋トレを行いたい方は部位別で毎日鍛える場所を変える、1日おきで休息をとるなど同じ部位は続けて鍛えないようなスケジュールを組むようにするといいかもしれないですね。

 

みなさんも効率的に鍛えられるように超回復をうまく利用して賢く筋トレをしちゃいましょう!

 

また、さらに筋トレ効果を上げたい方には「メタルマッスルHMB」がおすすめ!

 

気になる方は是非ご覧になってみてくださいね。

 

 

>>メタルマッスルHMBの詳細はこちらからチェック!