オルニチン 食品

オルニチンを摂るための食品ランキングを大公開!

アルコールの分解や様々な健康効果が期待されるオルニチンは、シジミなどに多く含まれていることは有名です。

 

オルニチンを食品から摂取する場合、シジミ以外にオルニチンが多く含まれている食品はあまり知られていません。

 

そこで今回はシジミを含めた、オルニチン含有量の多い食品をランキング形式でご紹介いたします。

 

食品から摂取する際の参考にしてください。

 

オルニチン含有量ランキング

 

100gあたりに含有されるオルニチンの量でご紹介いたします。

 

第一位 本しめじなどのきのこ類

 

本しめじ100gあたりのオルニチン含有量は160mg、シジミの10倍の含有量です。

 

次いで、ブナシメジ・ブナピー・ひらたけ・エリンギとシジミ100gよりもオルニチンが多く含有されています。

 

最近では、きのこ類が群を抜いてオルニチンの含有量が多いことで注目されています。

 

第2位 しじみ

 

シジミ100gあたりのオルニチン含有量は10.7〜15.3mgとなります。

 

きのこ類には劣りますが、シジミにもオルニチンが豊富に含まれています。

 

その為、二日酔いなど疲れた肝臓を癒すためにシジミ汁を飲む方も多いです。

 

第3位 チーズ

 

チーズ100gあたりのオルニチン含有量は0.8g〜8.5g、スライスチーズでは約5枚となります。

 

チーズにもオルニチンが含まれていますので、お酒を飲みながらチーズを食べることは非常に理にかなっているようです。

 

第4位 キハダマグロ

 

キハダマグロ100gあたりのオルニチン含有量は1.9〜7.2mg、お刺身ですと7切れほどです。

 

マグロは日本人の方が好んで食べる食品ですので、食卓に上がることも多いのではないでしょうか。

 

ヒラメ

 

ヒラメ100gあたりのオルニチン含有量は0.6〜4.2g、こちらもお刺身7切れほどの量です。

 

シジミほどに含有量はありませんが、栄養価が高い食品と言えます。

 

 

オルニチンの一日に必要な量

 

食品に含まれるオルニチンの含有量をご紹介いたしましたが、一日に必要なオルニチンを摂取するにはどれくらいの量を食べる必要があるのでしょうか。

 

一日400〜1000mg

 

成人が一日に必要なオルニチンの量は400〜1000mgと推奨されています。

 

シジミ100g(約35個)に含まれるオルニチンは10.7〜15.3mgですので、シジミに換算すると一日約2300〜3200個が必要となります。

 

小さくて量の少ないシジミでもさすがに毎日これだけの量を食べるのは困難だと思います。

 

その為、食品で摂取しきれない部分はオルニチンが濃縮配合されたサプリメントで補うのが効率的です。

 

オルニチンを含む食品まとめ

 

オルニチンの含有量の多い食品をご紹介いたしました。

 

シジミよりもきのこ類が多くオルニチンを含むということが分かりました。

 

しかし、一日に必要な摂取量を食品だけから摂取するのは難しく、サプリメントも併用するのがおすすめです。

 

例えば、「メタルマッスルHMB」にはオルニチンがたっぷりと含有されていますので、手軽に摂取することが可能となっています。

 

公式サイトには「メタルマッスルHMB」の詳しい情報が載っていますので、ご興味のある方はご覧になってみてくださいね。

 

 

>>サプリメントで手軽にオルニチン摂取。メタルマッスルHMBの詳細はこちら