オルニチン 副作用

オルニチンの副作用って存在するの?

二日酔いや疲労回復効果のあるオルニチンですが副作用があるか気になったことはありませんか?

 

オルニチンに副作用なんて聞いたことがないという方が多いと思います。

 

ですが本当に副作用はないのでしょうか?

 

今回はオルニチンの副作用を調べてご紹介いたします。

 

オルニチンの副作用

 

しじみなどに豊富に含まれるオルニチンですが、食事を通して必要量を摂取することが難しいです。

 

その為、サプリメントで摂取される方が多いかと思います。

 

オルニチンサプリメントはドラッグストアで健康食品として販売されています。

 

健康食品として販売されている以上、副作用は無いと考えて良いと思います。

 

ただし副作用の心配はありませんが、オルニチンサプリメントに限らず、サプリメントは過剰摂取を控えたほうがいいようです。

 

サプリメントを過剰摂取すると消化管に負担がかかり、消化器系や胃腸系が弱い方は、腹痛や下痢などになる可能性があります。

 

オルニチンの摂取量

 

オルニチンの適正な摂取量は1日400mg〜1gとされています。

 

オルニチンは体内に蓄積することができないため、1日数回に分けて摂取したほうが効率的です。

 

ではどのタイミングでオルニチンは摂取したほうがより、効果的なのでしょうか。

 

オルニチンの摂取タイミング

 

オルニチンは毎日摂取しても問題ないため日常的に摂取することがおすすめです。

 

その日常の中でより効果的なオルニチン摂取タイミングはこちらです。

 

お酒を飲んだあと

 

アルコールの解毒作用があるのでお酒を飲みすぎてしまった場合、その直後に摂取すると効果的です。

 

お酒を飲む前に摂取しても二日酔い予防になります。

 

トレーニングの前後

 

トレーニングや運動の前に摂取した場合、運動による筋肉疲労の軽減や脂肪を燃焼させる働きを促します。

 

トレーニング後のオルニチン摂取は新陳代謝が高まるため、疲労回復に効果的です。

 

ですので、体を鍛えている方やダイエット中の方は運動前の方が摂取タイミングに良いでしょう。

 

就寝直前

 

シンデレラタイムという成長ホルモンが分泌される時間帯があります。(よる10時〜夜中2時)

 

オルニチンは成長ホルモン分泌を促進する働きがあるため、このシンデレラタイムに合わせて就寝前に摂取するのが最適です。

 

美容においてもシンデレラタイムは重要視されているのでここは外せません。

 

また就寝時に摂取すると疲労回復にも効果があるため、ストレスや睡眠不足でだるい方にもおすすめです。

 

オルニチン副作用まとめ

 

オルニチンに副作用があるのかをご紹介いたしました。

 

健康食品として扱われることが多いオルニチンには副作用の心配はないようです。

 

ですが、過剰摂取するとお腹を下してしまうことなどがあるため、摂取量には注意が必要です。

 

摂取タイミングによっても効果的になるオルニチン。

 

運動前に飲むなら「メタルマッスルHMB」がおすすめです。

 

オルニチンなどのアミノ酸系を多く含むので効率よく効果が期待できます。

 

ご興味のある方は公式サイトに詳しい情報が掲載されていますので是非、ご覧下さいね。

 

>>トレーニング時の摂取におすすめ!メタルマッスルHMBの詳細はこちら