メタルマッスルHMB お酒

お酒によって効果がなくなる?

筋トレをして汗をかくと、そのあとの一杯のお酒は格別においしく感じられてしまいますよね。

 

メタルマッスルHMBを使用している人は少なからず適度な運動をしている人だと思うので、お酒を飲みたい衝動に駆られてしまう人もいるかもしれません。

 

お酒を飲んでいる人で、「一生懸命筋トレをしているのになかなか筋肉がつかない」と思っている人!

 

もしかしたら、筋トレに問題があるのではなく、メタルマッスルHMBの効果が出ないわけでもなく、原因はそのお酒にあるかもしれません。

 

お酒を飲みすぎると体を壊すというだけではありませんよ。

 

メタルマッスルHMBを使っていてもみなさんの理想としている体に必要な筋肉にも直接的に影響しているのです。

 

今回は、お酒と筋トレの関係性をしっかり理解していきましょう。

 

 

お酒が筋肉にもたらす影響とは?

 

お酒が筋肉に与える1番の影響とは、「筋肉の成長を阻害」してしまうことなのです。

 

どういうことかというと、筋肉を成長させて大きくするホルモン「テストステロン」というものがあるのですが、アルコールを飲むことによって、テストステロンの分泌を下げてしまうのです。

 

また、お酒を飲むと筋肉を分解する働きをもっているコルチゾンという物質の分泌を促すことにもつながります。

 

要するに、せっかく筋トレをしても、筋肉を大きくする物質が減少してしまい、筋肉を分解する物質が増えてしまうということです。

 

ということは、結果的に筋トレの効果が出づらくなるということにつながっていきます。

 

もちろん、1杯飲んだくらいで筋トレの効果が全くでなくなってしまうというわけではないと思います。

 

だから、アスリートの方でもお酒を飲む人は飲みます。

 

ただし、そういった方々は1日1杯まで、と決めている方が多いようです。

 

あくまでも、アスリートとして筋肉を衰えさせないために、アルコールの多量摂取を控えているのです。

 

メタルマッスルHMBをしっかりと飲んでいても、筋トレをしていても、なかなか筋肉がつかないという人は、一度生活習慣を見直してみるのも一つですね!

 

そして、アルコールは筋肉の成長を阻害するだけでなく、実は「内臓への負担」も見逃せないのです!

 

筋トレをすることによって、筋肉に疲労がたまっていくと、もちろんそれを回復させるために内臓にも負担をかけてしまうんですね。

 

しかし、アルコールを分解するときにも内臓に負担をかけているということはみなさん知っていましたか?

 

普通に考えればわかることなのかもしれませんが、筋肉自体が疲れているときにアルコールを飲むと、内臓が働きすぎの状態を起こしてしまい、キャパオーバー起こしてしまう可能性さえもあるのです。

 

ジムに通ってダンベルを持ち上げたりしていないからお酒を飲むことを躊躇しなくてもいいと思う人もいるかもしれません。

 

ただ、今まであまり運動をしていなかった人がウォーキングをはじめたり、ちょっとランニングをしたりしても、それらは十分「適度な運動」となります。

 

今まであまり使っていなかった筋肉を使っているわけですから、メタルマッスルHMBをつかって美しい筋肉を手に入れたいなと思うのであれば、お酒は少し加減したほうがいいかもしれませんね。

 

 

>>メタルマッスルHMBの効果的な飲み方はこちら