筋トレ 1か月

筋トレは1か月から実感できる?

夏に向けていざ、筋トレを始めよう!と思っても明確な期間がないとなかなか続かないもの。

 

でも効果がわかるのは1年後です、なんて言われたら遠すぎてやる気がでませんよね。

 

かといって1週間で効果を出すのはさすがに難しいです。

 

では1か月ではどうでしょう?

 

1か月の筋トレなら集中してがんばれそうですよね!

 

そこで今回は1か月の筋トレでどこまで効果を出すことができるのか。

 

また1か月で効果を出すことは可能なのか調べてみました!

 

3日坊主のそこのあなた!必見です。

 

1か月で筋トレの効果ってでるの?

 

さぁ、そもそも1か月で筋トレの効果はでるのでしょうか?

 

結論から言うと難しいようです・・・。

 

基本的に目に見えた効果がわかるのは3か月後が目安になるそう。

 

やっぱりなにごとも少しずつ継続して行うことが大切なのですね。

 

しかし!諦めるのはまだ早いです。

 

筋トレの方法によっては1か月で効果を出すことも不可能ではないんだとか!

 

では、その方法についてみていきましょう。

 

1か月で効果の出る筋トレ方法とは?

 

まず覚えておいて欲しいことが、筋肉には2種類あるということ。

 

ダイエット目的の方は赤筋という筋肉を、見た目の筋肉を鍛えたい方は白筋という筋肉を鍛える必要があります。

 

白筋とは糖分をエネルギーに消費し鍛えた分だけ筋繊維が太くなる。

 

一方赤筋とは脂肪をエネルギーに消費し筋トレをしても白筋ほど太くはならず割と細いまま。

 

なので1か月で効果をだすには、体に脂肪のついている方は赤筋を、もともと少し筋トレをしたことがあり、脂肪の少ない方は白筋を鍛えるようにするといいでしょう。

 

目的や体型によっても1か月で効果がでるかどうかは変わってくるようですね!

 

1か月で筋トレ効果!赤筋の鍛え方

 

・柔軟体操

 

筋トレじゃなくて柔軟?と思う方もいるかもしれませんが、より脂肪を消費しやすくするためにまずはしっかりと柔軟体操を行うことが大切。

 

柔軟性を高めるだけでも代謝アップ、他の運動の効果も高まります。

 

・レジスタンス運動

 

割とゆっくりした筋トレです。

 

負荷は少な目に、ゆっくりと、呼吸をしながら行います。

 

1日15分くらい時間はいつでもOK。箇所も毎日違う箇所を集中して行いましょう。

 

これで1か月で効果を出すのに心配になるかもしれませんが、初めはゆっくり集中してその部位のみ鍛えてあげることが1か月での筋トレには重要なのです。

 

・アイソメトリクス運動

 

これは筋肉維持運動です。

 

筋肉に力を入れた状態でキープ。ただそれだけです。

 

赤筋を鍛えるには全体的にハードな動きはありません。

 

1か月で効果をだしたいからこそ焦らず毎日確実に行っていきましょう。

 

1か月で筋トレ効果!白筋の鍛え方

 

白筋の鍛え方は赤筋とはまったくの反対です。

 

できるだけ重たい負荷をかけることが大切!

 

負荷をかけてギリギリ10回できる程度の筋トレをしましょう。

 

通常の筋トレを回数こなすのもいいですが、それでは赤筋も一緒に鍛えてしまいます。

 

今回は1か月で効果を出したいので集中的に白筋を鍛えましょう。

 

1か月で筋トレ効果まとめ

 

やはり基本的には1か月で劇的な筋トレ効果を出すのは難しいかもしれませんが、その目的別に鍛える筋肉に注意して行えば無理なことではないことがわかりました!

 

もちろん合わせて食事管理などもできたら最適かもしれませんが、なにより無理して続かないのがいちばんもったいないので、自分のできる範囲で筋トレを行いましょう。

 

みなさんも、まずは1か月ご自身の目的に合わせて筋トレを試してみてください!

 

少しずつ変わる自分の体に楽しくなりきっと継続することができますよ♪

 

そしてさらに効率的に鍛えたい方はメタルマッスルHMBもおすすめ!

 

併用して筋トレを行うことによってさらに効果が期待できますよ!

 

 

>>メタルマッスルHMBの詳細はこちらをクリック