クレアチン 副作用

メタルマッスルHMBの口コミの真相【驚異的な実感力】

MENU

クレアチンによる副作用まとめ

クレアチンは、筋トレやスポーツにおいて、自身の潜在能力を高めてくれる成分のひとつ。

 

実際に、多くのアスリートやオリンピック選手たちが飲んでいると知られています。

 

あなたも運動能力や筋トレのポテンシャルを高めたいならばクレアチンを摂りましょう!

 

クレアチンは、食品からでも摂取が可能ですが、大量の食事をしなければなりません。

 

クレアチンを摂る人の多くは、サプリメントで代用をしています。

 

そこで、サプリと聞くと副作用が出てしまうのでは・・・?

 

と考える方も少なくありません!!

 

今回、クレアチンを摂ることで考えられる副作用についてまとめました。

 

また、ネット記事でもクレアチンに副作用についてたくさん見かけますが事実なのでしょうか?

 

クレアチンの副作用のウワサも合わせてご紹介します。

 

 

クレアチンの副作用について

 

まずはクレアチンの副作用についてのウワサを全部見てみましょう。

 

・腎臓や肝臓に負担をかける

 

・太ってしまう

 

・下痢や腹痛がおきる

 

・むくんでしまう

 

クレアチンの副作用について考えられるウワサは以上のとおり。

 

とくに、腎臓に負担をかけてしまうというお話はよく見かけます。

 

ですが、簡潔に言ってしまうと因果関係や科学的根拠に基づいて「実証されていない」のです。

 

何故、こういったウワサが出ているのかというと、クレアチンは最終的にはクレアチニンといった物質に変わり、腎臓を介して尿となって排出されます。

 

このとき、腎臓に負担をかけてしまうのではないかといった推測から生まれたものと考えられたのでしょう。

 

クレアチンはもともと体内で合成されるものであり、食事から摂取するもの。

 

副作用の心配はいりません。

 

とはいっても、悪質なサプリメントも出回っているそうなので注意が必要です。

 

クレアチンと謳って実は・・・なんてサプリもあるかもしれませんので、信用できるメーカーや口コミが高いもの、安心できるものを選ぶことが肝心といえるかもしれませんね!

 

 

クレアチンの注意点

 

副作用について科学的根拠をもって実証されていない一方で、副作用が出ないといった研究が実証されているケースもあります。

 

ということは、今のところ副作用の心配はないということ!

 

ですが、クレアチンを飲むにあたり、いくつか注意しておくべき点もありますのでご紹介します。

 

腎臓や肝臓に持病がある方、または、腎臓に不安がある方は一度担当医師に相談するようにしましょう。

 

他にも、クレアチンは一度に大量に摂取するのは禁物!

 

一日5gの摂取量を4回程度に分けて飲むようにしましょう。

 

また、粉タイプのクレアチンを飲む場合は保存は不可!

 

作った直後に飲むようにしてくださいね。

 

粉タイプだと1回1回作るのが面倒という方は、サプリメントタイプのものがおすすめですよ☆

 

 

クレアチンの副作用まとめ

 

クレアチンは世界的に研究されている物質です。

 

さまざまな研究結果、クレアチンにおける副作用は実証されていないのです!

 

それどころか、副作用がないといった研究報告もあるほど。

 

とはいえ、自己管理は大切です。

 

今回ご紹介した注意点を守りながら、ご自身のクレアチンレベルを高めていってくださいね!

 

>>おすすめクレアチンサプリの情報をご紹介します